敏感肌のスキンケアと保湿

朝の洗顔の際に、私は洗顔フォーム類は使用しません。

洗顔するときに用いるのは水だけです。

なぜなら、石鹸や洗顔フォームで洗顔すると、大切な皮脂が全部落ちてしまってお肌のためによくないからです。

なお、人はそれぞれの生活習慣などで、肌質も異なっています。

例えば、普通肌、乾燥肌、敏感肌など多種いろんな肌質がありますよね。

その中でも、敏感肌の人は、どんなスキンケア商品であっても適しているとは言えません。

万一、敏感肌用以外のお手入れ品を使ってしまうと、肌トラブルなどの負担を与えてしまうかも知れないのです。

そのため、敏感肌のスキンケアには、保湿を行うことがもっとも大切です。

特に入浴中は、水分がお肌からどんどん抜けていきます。

なので、肌の乾燥を予防するためには、化粧水や乳液をつけた後に、保湿クリームの使用をおすすめします。

保湿クリームを夜の間に使うと、肌の潤いがあくる日の朝まで続き、メイクの乗りもすごく良くなります。

私の場合は、高麗のめぐみのサプリを飲んでいるので体の調子もすごくいいです。

また、敏感肌でかさかさ肌に悩んでいるの場合、お肌のお手入れがとても大切になります。

誤ったスキンケアは症状を悪くさせるので、正しい方法をわかっておきましょう。

第一に、洗いすぎることは絶対に禁物です。

それと、皮脂が気がかりになるからといって、1日に何回も洗顔してしまうと、肌に必要な水分までもを失ってしまいます。

それとは逆に、皮脂の分泌物の量がさらに増えてしまうので、朝晩の2回くらいで十分です。