面白い本と退屈な本の違い

面白い本を読んでいる時って、無意識に読むスピードが速くなったりしますよね。

私は最近よくそう感じていて、なんだか「ふ~ん」って感じで退屈に感じでいる時は、なかなかページが進まないのです。

でも、ワクワクしてくるような、ボルテージが上がってくるような面白い展開を迎えると、どんどんページをめくってしまいます。

そして、あっという間に読み終えたりします。

この差が結構自分でも面白くって、脳も正直だなぁ~なんて思ったりします。

好きな作家さんの本は、いつもさらっと読めちゃって、初めての作家さんの本はゆっくり読み進んでいったりしています。

まるで他人事のように「あぁ、私はこの本のことすごく面白く思ってるんだな」と、確認しながら読んでいくこともたまにあります。

あと、よく最初の数行で面白いかどうかわかるとも言いますが、皆さんはどう思いますか?

私は普段、気になるタイトルの本を手に取って、まず最初の数行を読むんですが、ピンと来るときもありますが、大体はあんまりわからなくなってしまいます。

ピンと来ても、案外読み進めてみると退屈に感じたり、頭上にはてなマークをいっぱい浮かべながら読んでいくと、逆に面白い展開になっていったりします。

結局、一概には言えませんが、読者を惹きつけることができる書き出しかどうかっていう点では、確かにそこは大事なのかもしれませんね。

その本を読んだことのある知り合いに、感想を聞いてから読むのもアリですが、好みが違う人だと結構困ってしまったりします。

一目で「これだ!」とわかるような経験とか、能力を身につけていきたいので、まずはたくさん本を読もうと思っています。

ちなみに、こないだネットで買ったbaby葉酸の口コミなどは、何の苦もなくスラスラと読めるし、楽しめました。

ようするに、どれだけその本に興味があるか?なんでしょうね。